バイスマの服用方法

水とくすり

バイスマは、先発薬である『バイアグラ』と同作用という事から、その効果や効能までも先発薬と同等であるといえるでしょう。そのため、推進された服用法を守り薬を飲むことで、その高い作用が実感できる事につながるのです。

バイスマは男性器の勃起不全、いわゆるEDを治療するための薬です。その効果・効能としては男性器の勃起の補助となりますが、そのメカニズムを理解するためにはまず勃起のメカニズムについて知る必要があります。

バイスマの有効成分であるシルデナフィルには、PDE-5の働きを抑制する効果があります。これにより、強く作用しすぎていたPDE-5の働きは弱まり、環状グアノシン一リン酸が本来の働きを取り戻します。その結果、男性器は正常に勃起できるようになるのです。 前述したように、バイスマの効果はPDE-5の抑制であり、正常な勃起を補助するためのものです。飲めばすぐに勃起するというわけではなく、あくまでも正常な働きができるようにする薬であることを覚えておきましょう。

バイスマは服用してから30分程度で効果が現れ、1時間程度でピークを迎えます。そのため、性行為を行う1時間前に服用するのがいいでしょう。効果は5時間程度持続するため、行為中に効果が切れることはほとんどありません。基本的には水で服用しますが、清涼飲料水やお茶などでも構いません。加えて、少量であればアルコールでの服用も問題ありません。服用は1日1回、間隔は24時間以上空けるようにしましょう。服用時にはバイスマを噛み砕かず、そのまま飲み込んでください。噛み砕いても吸収が早まるということはなく、苦味を感じるだけです。服用後に食事をする場合は、服用から1時間程度経った後にしましょう。1時間程度後であれば、有効成分は吸収されているため大きな影響はありません。

Copyright(c) 2018 新しい治療薬バイスマでED改善の術を身につける All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com